書いた歌詞を声に出して読もう

作詞上達への道

「ポエット」では「第1回目無料で楽曲化企画」にエントリー頂いた歌詞に対して、更に作詞家さんのスキルアップに繋がるように作詞家 大塚利恵先生よりコメントを頂いています。

\無料で楽曲化/エントリー歌詞から学ぼう

📕今回の作詞のポイント📗

✏️歌詞には作詞家の気分が表れることも。今回の歌詞は、楽しさが伝わってくるところが魅力

✏️書いた歌詞を声に出して読んでみよう!声に出す前は良いと思っていたのに、声に出してみたら何か引っかかる表現があるかも。

大塚利恵先生からのコメント

『ヒーローのヒーロー』という、ひときわユニークで興味を惹かれるタイトルですね。そのタイトルの印象を裏切らず、内容もユニークだし、楽しんで書いている気持ちが伝わってくる詞でした。歌詞は意味を伝えることも重要ですが、書いている人の気分が乗り移るようなところがあると私は思っています。
だから、正直表現が荒いところは見られましたが、そんなことどうでもよく思わせるようなテンションと魅力が感じられました。「画鋲から外れて 顔が見えないポスター」とか、目の付け所もユニークですね。

【参考】猿⭐︎人間さん歌詞▼「ヒーローのヒーロー」
ページが見つかりませんでした - POET
作詞家のニュースサイト ポエット

オススメの方法は、書いた歌詞を声に出して読むこと

猿☆人間さんにお勧めしたいのは、書いた歌詞を声に出して読むことです。好きな声色で、速さで、抑揚をつけたりして。書いている途中でもやってみると良いと思います。もしできたら、作曲まではいかなくても、鼻歌っぽく歌えたら尚良いです。

言いにくい言葉やフレーズ。声に出す前は良いと思っていたのに、声に出してみたら何か引っかかる表現。そういうところをチェックして、直してみて下さい。この作業を経てブラッシュアップすると、猿☆人間さんのユニークなアイディアに、それが「歌う言葉になる」というリアリティが加わり、歌詞としての完成度がグッと上がると思います。

声に出した時に心地よく、繰り返したくなるかどうか

こちらの記事にも書かれている「歌詞はそもそも耳で聴くもの」、「言葉に命を吹き込む」。これは、まさにPOET運営者の私がこの企画を立ち上げた理由です。大塚利恵先生、今回もありがとうございました!

作詞家大塚利恵の『ことばのドリル』vol.26♫紙の上から踊り出すことば|大塚利恵|note
Vol.25のドリルはいかがでしたか? 「タンタ タタータタ タタタタ タッタ」のリズムで文章を作ってみましょう。 前の2つのドリルに比べると、一見長くて大変そうですが、声に出して繰り返し読んでみると意外とすぐ覚えられると思います。 ‘読む’というと、一生懸命文字を追う感じがしてしまうかもしれませんが、覚えてしま...
大塚利恵
作詞家/作詞インストラクター/シンガーソングライター
<経歴>
1998年、ピアノ弾き語りシンガーソングライターとして、アンティノス・レコード(ソニー)からメジャーデビュー。
2004年から作詞家としての活動をスタート。
また、同時に作詞を教え始める。
音楽専門学校、ソニック・アカデミー、カルチャースクール、個人レッスン、自身が主宰する作詞教室でレッスンを行い、作詞という指導が難しいジャンルにおいて独自のメソッドを確立。多数の生徒をデビューへ導く一方、プロとして活躍するアーティストのレッスンも任されている。
<歌詞楽曲提供実績>
FUNKY MONKEY BABYS、春奈るな、たんこぶちん、水戸ご当地アイドル(仮)、楠瀬誠志郎、映画「二度めの夏、二度と会えない君」、TVアニメ「パズドラ」「ゆらぎ荘の幽奈さん」「ぬらりひょんの孫」、ゲーム、舞台、CM、自治体など多数。
https://rieotsuka.com
◆note.にて作詞のノウハウを無料掲載中。
作詞家大塚利恵の、毎日5分「ことばのドリル♪」

◆作詞レッスン開講中(無料カウンセリングあり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました